ビタミンCについて知ってますか?

ビタミンCってよく聞くけど、なんにもわかってなかったなと。

ビタミンCとは

”ビタミンC (vitamin C, VC) は、水溶性ビタミンの1種。化学的には L-アスコルビン酸をさす。生体の活動においてさまざまな局面で重要な役割を果たしている。食品に含まれるほか、ビタミンCを摂取するための補助食品もよく利用されている。WHO必須医薬品モデル・リスト収録品。
壊血病の予防・治療のほか、鉄分、カルシウムなどミネラルの吸収促進(摂取しすぎると鉄過剰症の原因になることもあり、注意を要する)、傷の治癒にも利用される。しかし風邪を予防することはできない。”

Wikipedia より。

びっくり、傷の治癒にも利用されてるんですね。

ほかにもコラーゲンの合成に深く関与していたり、
活性酸素類を消去したり、
ビタミンEの再生機能があったり、
やっぱりすごいビタミンなんですね。

”ヒトはアスコルビン酸を体内で合成できないため、必要量をすべて食事などによって外部から摂取する必要があり、ビタミンとして扱われている。一方、多くの動物にとっては、アスコルビン酸は生体内で生合成できる物質であるため、必ずしも外界から摂取する必要は無い。体内でアスコルビン酸を合成できないのは、ヒトを含むサル目の一部やモルモットなどだけである。”

とも記述されていて、他の動物では体内で生成できるんですね…。なるほど。

ちなみに、ビタミンC錠剤よりビタミンC入りのガムをかんだほうが、より早く吸収されるみたいですね。ほぉ~~。
ガムを買うならビタミンC入りだね。

進化により体内でビタミンC合成能を失ったって、なるほどね。
ビタミンCを外部から日常的に得られる環境を得たことによって、
体内で生成する必要がなくなったわけですか。

やっぱり、不要になり、使わなくなれば、なんでも退化していくんですねぇ。
続きはこちら>>>>>でも、頭皮にはまだまだビタミンCは必要みたいですね。

育毛に必要不可欠な亜鉛という栄養

育毛に必要不可欠な亜鉛という栄養素があります。
亜鉛不足が薄毛をもたらすこともありますから、日頃の食生活で意識して摂るようにしてください。
亜鉛は納豆や海苔、牛のモモ肉といった食材に含まれていますが、日頃の食生活において不足しがちであれば、サプリを補助的に使用するということも考えられる一つの手です。
さらには鉄分やビタミンE、タンパク質なども薄毛の予防として非常に重要な栄養素として挙げられます。
女性なのに薄毛で悩むなんて、少し恥ずかしいと思われる方もおいでになるかもしれません。周りに育毛剤の事を相談出来るような人がいないなどとお嘆きの方も多いでしょう。
そういう場合は、既に使った経験のある方の口コミや評判を検索することをオススメ致します。
同じ悩みを持つ方の声は、かなり参考になります。
男性の進行性の脱毛症のことをAGA(男性型脱毛症)と言います。症状が出るのは早くて20代からですが、原理的に言えば思春期から始まる可能性もあり、前頭部からはじまり段階的にM字状に抜けたり、毛が細って薄くなったりするのです。
同時進行で頭頂部や髪の分け目なども頭皮が目立つようになるでしょう。何がAGAを引き起こすのかは、以前から研究対象になっていましたが、複合的な要因であること以外にまだ解っていない部分が多いのが現状です。ただ、男性ホルモンの中でも特にDHTからくる症状であることは判っており、新しい薬の開発に役立っています。
育毛剤を使うようになってしばらくしてから、初期脱毛が気になる方もいます。髪の毛の量が増えればいいなと思って育毛剤を使用しているのに抜け毛が増えてきたら、使うのをためらうようになりますよね。
でも、こうした症状は育毛剤の効果の証だということでもあるので、もう少しそのまま使い続けてみてください。1か月程度がんばれば髪の毛の量が増えてくるはずです。
太くて丈夫な健やかな髪の毛を増毛する為には、頭皮の環境を整備することと、育毛のための治療を同時に行っていくことが大切なのですね。
あまり良くなかった頭皮の血行が良好に改善されると、毛母細胞(髪の毛を作る細胞)に充分に栄養素が運ばれることになるからです。
入浴の最中に頭皮のツボマッサージを行うことは育毛に効果的です。
でも、すべてやり過ぎは逆効果になってしまいます。強い痛みを受けるほどに力を入れてしまったり、長時間にわたってマッサージを行うことは却って頭皮にとって負担になるので注意しましょう。