病院に頼らず自力でAGAを治療

病院に頼らず自力でAGAを治療することは、部分的なアプローチでしたら可能です。
毛根に薬剤を注入するメソセラピーや頭皮に毛を移植する植毛は、それ専門の医師がいないと不可能ですが、薬を中心とした治療であれば国外の業者から個人輸入で購入することにより通院や検査もなく自力で治していくことができます。
それにジェネリック医薬品の選択も自由ですから、普通に病院に通った場合に比べてだいぶ安いコストで治療することができます。現在わかっているところではAGAを発症するかしないかを決めるのは、男性ホルモンや遺伝的要因でしょう。
それから食事や睡眠などの生活スタイル、心理的なもの(ストレスなど)も影響すると考えられています。
とはいえ本当にはっきりと内容が把握できているのは、誰もが持っている男性ホルモンと還元酵素が体内でどう反応するのかということだけです。
一般的な男性ホルモンであるテストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンに変わり、それが髪の成長を妨げているというメカニズムがわかってきました。頭皮マッサージを続ける効果で次第に頭皮が良好な状態になって髪が生えやすい環境になっているはずです。マッサージするのに爪をたてると頭皮が傷つくので意識して、指の腹で揉みましょう。
頭皮マッサージをシャンプーする時に行うと頭も同時に洗えるので、一石二鳥です。
育毛の効果が出るまで根気よく続けてください。薄毛や脱毛の予防はもちろんですが、女性特有の産後の脱毛にさえも効果があったという反響も多いという事は、男性だけに特化せず、女性にも効果が期待出来ます。なので、実際に柑気楼をお使いいただいている方は、女性比率が高いといった現象にも納得出来ます。
いまAGAの治療法としてとられている方法は2つあります。
患部への薬の塗布、薬の内服といった身近な方法のほか、髪の根元にじかに有効成分を注射する医療技術者でなければできない施術があります。いずれにせよ効果のある方法ですが、実際のところそれぞれ体質や症状の出方等で効果は変わってきます。
病院で医師に自分の症例に最適な治療を提案してもらい、よく相談した上で選択し、治療する方が時間も無駄にしなくて済みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です