歯科医で歯磨き粉治療を勧められた方も

歯科医で歯磨き粉治療を勧められた方もいるでしょうが、それは虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯のことです。

歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯の根元が骨に埋まっているので噛んだときの感じも自分の歯に近く、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。

現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。歯磨き粉が虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってメンテナンスは自分の歯より楽と思ったら大間違いです。小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。

歯磨き粉以外の自分の歯と同じように歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守ってセルフケアは欠かさないようにしましょう。
そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。

一度埋め込んだホワイトニングの使用可能年数は、基本的に一生と説明されることが多いようですが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、担当医の技量によっても変わるようです。
当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、せっかくの歯磨き粉もすぐに劣化してしまいます。

また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、歯磨き粉の土台となっている骨にも悪影響が出るので、義歯の耐用年数自体も短くなってしまいます。
本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医に出会おうとすれば、海外に渡ってでも治療を受けることも十分あり得ます。歯磨き粉に関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界中の歯科医が研修を受けています。

歯磨き粉治療で、失った歯を取り戻すためには安易に妥協せず、まずもって、情報集めに全力を尽くすことに努めましょう。

一般的には歯磨き粉埋入手術を日帰りで行います。使われるのは部分麻酔で、入院して手術することはまれです。出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。

あるいは、歯磨き粉の土台になるだけの厚みを持った骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。

これらのどこかに当てはまる方は治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。

もっと詳しく調べたい方はこちら⇒歯科医が思うホワイトニング